fujii.fushikino@gmail.com

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

モスリンの服ーつくりかたー
柄×かたち
好きな「柄」を選び、好きな「かたち」をえらび、組み合わせて作る服作り


柄について
その時限りの出会いで見つけて下さい。
基本約4m単位で気ままに刷毛染めをしております。おおよそ一柄に付き2着作る事ができますが、
布をとる部分よっても色柄は変化しますので、全く同じ色柄というのは出来ません。

かたちについて
なるべく裁断を少なくすることで、生地の柄と質感を生かすという事をベースにデザインしています。
シーズンで変化する事はなく、定番かたちに、時々新しいかたちの追加があります。

サイズについて
フリーサイズとまではいきませんが、サイズの幅を調節でき、
美しくかつ機能的に着用いただける作りになっております。

販売について
販売は、展示会での現品販売とお仕立ての注文となっております。
実物をご覧頂き、納得いただいたうえでのご購入とさせていただいております。
オンラインショップはおこなっておりません。
展示会等のご連絡希望の方はこちらにのアドレスにメール下さい。→fujii.fushikino@gmail.com
主にメールにて展示会等のお知らせを配信いたします。
モスリンの服ーお手入れ方法ー
お手入れ方法

保管の注意
私たちの使用しているモスリンは、メリノウール100%になります。
保管の際には虫がつきやすいため防虫剤をご利用ください。

お洗濯
お取り扱いは他のウール製品と同じように扱っていただけますが、
水に通すと少々色落ちしたり風合いが変化する場合がございます。
購入時の風合いを保ちたい場合はクリーニングに出されることをお勧めします。

ご家庭でのお洗濯も可能です
おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用し、必ず他のものとわけて水での手洗いでお願いいたします。
軽く脱水をし、(不要なタオルで包んで脱水orネットに入れて30秒程脱水機にかける)
水分を含んだままでの長期放置はお避けすみやかに干してください。

アイロン
しわが気になる場合は、軽く霧吹きをし、中温でアイロンがけして下さい
スカートのはき方
1:縫い目の位置を腰横に合わせます。

2:折りたたみます。

3:紐を結びます。

4:こんな感じに。

ギャザーを寄せてふんわり着たり。アレンジもできますよ。
お手入れについて
モスリンの素材はメリノウール100%です。

お取り扱いは、基本的には他のウール製品と同じように扱っていただけますが、
水に通すと少々色落ちしたり風合いが変化いたします。
購入時の風合いを保ちたい場合は、クリーニングに出されることをお勧めします。
ご家庭でのお洗濯の際は、必ず他のものとわけ水での手洗いでお願いいたします。
エ○ール等、中性洗剤を使用し、水分を含んだままの長期放置はお避け下さい。
私たちの使用しているモスリンは、ウール製品です。
虫にとっては美味しい素材なので、防虫剤も忘れずに。
素材:ウールモスリンの事
 ウールという素材に私はいつも惹かれてしまう。
ウールの持つ質感には、あまりギラギラしたところがなく、手にとり匂いをかぐと、なぜだか心が落ち着く。
色を染めれば繊維の芯まで深く染まり、こっくりとした色の塊になる事ができる。
古来から海を越えてもたらされてきた、その生き物の毛に、
私は今でもどこか異国を感じ、あこがれや勝手な空想を抱いてしまう。
ウールとは、私にとってそういう存在だった。

そして1年半程まえに斎藤洋さんとおっしゃる染色家のかたを通して、知ることになった素材。
それがウールモスリンだ。
ウールの素朴さと魅力を持ちつつも、軽さとしなやかさを兼ね備えた布。
ウールであって今まで見ていたウールとは違い、
だからと言って綿や絹といった他の素材とも違う不思議な質感。
それは少し綺麗な服が着たいが、あまり張り切りたくないな。と思ってしまう私の微妙な気持ちにも答えてくれそうな気がする素材だ。